レーシックで視力回復レーシックの基礎レーシックの種類>イントラレーシック

イントラレーシック

イントラレーシックと呼ばれるレーシックについて紹介したページです。イントラレーシック治療何なのかを詳しく知ることが出来ますので、是非参考にして下さい。

医師の技術が直接問われる従来のレーシック手術を受ける際には、病院選びや
信頼できる医師とのインフォームド・コンセントをしっかりと取ることが重要になります。
もちろんレーシック手術だけに限ったことではありません。

近年のレーシック手術においては、機器精度の大幅な向上によりイントラレーシックと呼ばれるレーシックも登場し、従来のレーシック手術よりも高精度な機器を用いることで高い実績を収めています。イントラレーシックは、品川近視クリニック錦糸眼科が有名です。
マイクロケラトームを用い、医師が手動で手術を行う従来のレーシックとの大きな違いは、

フラップ断面が均一に滑らかであること

フラップをより薄く均一に作成できること

フラップ作成時の切り口が直角であること

医師への負担が小さいこと

術後の弊害が抑えられていること

ケラトームを使わないのでケラトームの引き抜き作業が無いこと

などが挙げられます。以下にその解説を説明します。


・フラップ断面が均一に滑らか
レーザーの動作はコンピュータ制御によるものであり、ムラなく均一な断面が作成可能
です。最新式のマイクロケラトームに比べると断面が粗いとの指摘もありますが、総合
的に見てイントラレーシックの方が精度は上と言って良いでしょう 。


・フラップをより薄く均一に作成
レーシック手術においてのフラップ作成は、ボーマン膜と呼ばれる部分より下(角膜実質
層)を持ち上げます。つまり角膜実質層の上の部分がフラップに持って行かれる
です。手術で削るのはこの角膜実質層であり、多く残しておくべき部分です。
フラップに持って行かれる角膜実質層が少ないほど、削ることの出来る角膜実質層が
増えるわけです。イントラレーシックで強度の近視の方も手術が受けられるのはこのため
です。後部円錐角膜が原因で、角膜を突き破ってしまうなどのリスクも軽減していると言え
ます。


・フラップ作成時の切り口が直角である
従来のレーシックだと切り口が滑らかになり、フラップがズレたりシワが出来やすく
感染症などの原因になりますが、イントラレーシックでの切り口は直角でズレやシワの
心配がありません。そこから起こる感染症のリスクも理想的に軽減しています。


・医師への負担が少ないこと
フラップ作成が機械により自動化されることで、医師への負担が劇的に少なくなりました。


・術後の弊害が抑えられている
ハロ・グレアといった夜間での視力の低下が従来のレーシックよりも少ないです。
フラップの作成が精密に行われるからです。


・ケラトームを使わないのでケラトームの引き抜き作業が無いこと
ケラトームを用いる従来のレーシックでは、フラップを作成した後、当然ケラトームを
引き抜かなくてはなりません。このことによる弊害はあまり考えられませんが、
フラップを傷つけるリスクが少ないことは確かでしょう。


以上が従来のレーシックとイントラレーシックの簡単な違いです。
フラップ作成が機械により自動化されることで、劇的な発展を遂げたレーシックが、
イントラレーシックなのです。