レーシックで視力回復レーシックの基礎>レーシックの実績

レーシックの実績

日本とアメリカでのレーシックの比較や、レーシック手術の安全性の情報を
まとめています。レーシック手術に優れた実績があることを知っていただくことが
出来ますので、参考にしてください。

レーシックは今や世界中で眼鏡・コンタクトレンズに次ぐ第3の視力矯正方法としてその
地位を確立しています。2000年以降のアメリカでは、年間100万人超がレーシック手術を
受けたと言われています。

国内外のレーシック手術件数
  日本 アメリカ
1997年 0.05万件 10万件
1998年 0.15件 30万件
1999年 0.9万件 80万件
2000年 2.5万件 143万件
2001年のアメリカの手術件数は134万件、2002年には117万件と減少傾向にありますが、
飽和状態には変わりがないようです。2002年まで、100万人を切ることがありませんでした。
2004年のアメリカのワシントン・ポスト記事では、レーシックは軍隊でも大規模に採用されて
いるのだそうです。

毎年100万人という規模はどのくらいスケールが大きいのでしょうか。
1年は365日、1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒です。
一体アメリカでは1秒あたり何人がレーシック手術を受けていたのでしょう?

単純に計算すると、1000000÷(60×60×24×365)≒0.0317 (人/1秒)
1をこれで割ってみましょう。
1÷0.0317≒31.55(秒/1人)

つまり、32秒も経てば、アメリカでは一人がレーシック手術を受けている計算に
なります。さすがアメリカといったところで、いろんな所で桁違いですね・・・


レーシック手術は他の視力矯正手術に較べ安全性が高く、
術後の痛みが少なく回復も速いことも特徴です。

 
視力が1.0以上まで回復
軽度近視 (屈折度数-6以上)
99%
中度近視 (-6 から-10の間)
97%
強度近視 (-10 以上)
85%
軽度遠視 (+4 以下)
99%

日本では、2000年1月28日に厚生省(現:厚生労働省)が国内でのエキシマレーザーに
よる視力矯正手術を認可し、国内でレーシックが行われるようになりました。
しかし日本では眼鏡やコンタクトで視力を矯正する方が多いため、レーシック手術が
普及しているアメリカに比べて受ける方は少ないようです。

日本では著名人やスポーツ選手の施術が公にされることで、レーシックは急速に
認知されていきました。