レーシックで視力回復角膜の構造>ボーマン膜とは

ボーマン膜とは

角膜上皮層の下に位置する、ボーマン膜についての情報をまとめたページです。
ボーマン膜を手術で扱うことへの是非に関する考察なども掲載しています。

・角膜は5つの細胞の層から成ります。下側に行くほど内側です。
レーシック 角膜
ボーマン膜とは、角膜上皮層の下に位置する膜のことです。
ボーマン膜は

・角膜のドーム形状を維持する

という役割を担っていると考えられます。つまり、角膜強度を成す一つの要因です。

考えられる、という書き方をするのには理由があります。

既にボーマン膜についてある程度の情報を調べた方はご存知でしょうが、
ボーマン膜に関する医学的な意見は
@「ボーマン膜は手術で削っても心配ないものだ」
A「ボーマン膜はある程度の角膜強度を担っている場所なので、損なうべきではない」
というように、一つにまとまっていません。最新式のレーシック設備を備えた病院だけが
市場を独占する形になってしまうのを避けたいという思惑があることは、調べた方なら
誰もが感じるところではないでしょうか。

最新機器を導入したイントラレーシックの出現によって、病院によってかなりの医療格差が
生まれました。従来のレーシックの欠点を補っていたはずの表面照射式手術(ラセック、
エピレーシック、PRK)の存在意義は脅かされ、一方のイントラレーシックは爆発的な
広がりを見せています。
ボーマン膜を損なう術式(表面照射式手術)だからと言って、旧式的なイメージが定着
しつつありますが、決してそんなことはありません。
これらの手術は、角膜の厚さ等の問題で通常のレーシックやイントラレーシック手術が
受けられない方のためにもあり、まだ当分これらの手術は私たち患者のためにも必要と
されるべきものです。

なおボーマン膜の除去のページでは、Aの意見を重視して情報を掲載していますが、
表面照射式手術は視力矯正の手段の一つとして十分な効果が期待できるもので
あることを知っておいてください。