レーシックで視力回復角膜の構造>角膜上皮細胞とは

角膜上皮細胞とは

角膜の一番外側を構成する層である、角膜上皮層についての情報をまとめたページです。
レーシックなどの視力矯正手術に興味のある方は参考にして下さい。

・角膜は5つの細胞の層から成ります。下側に行くほど内側です。
レーシック 角膜
角膜上皮細胞とは、角膜上皮層を占める細胞のことです。
角膜上皮層は、角膜を構成する5層の内再生能力を備えているのは

角膜上皮層 と 角膜実質層 です。

デスメ膜も再生能力があると言われますが、厳密に言えば新しい細胞が生まれる
わけではありません。このことはデスメ膜とはのページで説明します。
角膜上皮層を構成する角膜上皮細胞は、

・外界を隔てる

・角膜の細胞に酸素を供給する

などの大切な役割を担っています。
角膜は酸素の吸収を、血液に頼る事ができないのはご存知でしょうか。
角膜は透明でなくてはならないからです。ゆえに角膜を構成する5層は
どれも透明で、酸素を上皮層から送られてくるものに頼っています。

上皮はさらに涙に守られていることになるわけですが、それにも関わらず常に菌や異物に
さらされる危険が最も高い角膜の部位です。ゆえに活発に細胞は生まれ変わり、
その健康状態を保っています。皮膚よりも再生スピードが早いことが知られています。

コンタクトレンズ(特にソフトコンタクトレンズ)の不潔な長期装用による
「角膜びらん」などの角膜上皮の病気は、この角膜上皮がコンタクトによって
酸素から遮断されてしまい、酸素の供給に支障をきたしてしまうことが原因なのです。

恐ろしいことに、再生可能なのはこの角膜上皮層だけで、つまり過度な酸素の供給不足が
一度でも起こってしまうと、他の部位の悪影響は生涯継承されることになります。
角膜上皮の病気にかかったことがある人は、上皮だけでなく角膜全体にダメージを負ってしまっているということです。
角膜の大切な健康状態を特に担うことで、その重要性が知られている角膜内皮細胞も、
酸素が供給されないことで少なからずいくつか死滅しているはずです。

レーシック手術はこの角膜上皮層に切り込みを入れるわけですが、手術は数分で終わり、
医師の腕がしっかりしていればフラップがずれたりすることもなく、術後は十分なケアが
指導されフラップはくっつくでしょう。