レーシックで視力回復角膜の構造>角膜内皮細胞とは

角膜内皮細胞とは

角膜の内側に位置する、角膜内皮細胞についての情報をまとめたページです。
視力矯正手術全般に深く関わってくる部位ですので、特にレーシック手術に興味のある
方はご覧になって下さい。

・角膜は5つの細胞の層から成ります。下側に行くほど内側です。
レーシック 角膜
角膜内皮細胞は、角膜の5層の中で最も内側に存在する角膜内皮層を構成する
細胞のことで、角膜内皮層は角膜内皮細胞1層から成る非常にデリケートな層
です。デスメ膜同様再生能力がなく、細胞が死滅すると細胞が膨張して隙間を埋め
ようとします。不衛生なコンタクトの装用(特に使い捨てソフトコンタクトレンズ)によって
死滅することが一般に知られています。コンタクトで内皮細胞が死滅する理由は、
外気から送られる酸素がコンタクトで遮られてしまうといったものです。最新式のコンタクト
レンズが「高酸素透過度」を謳っているのは、このコンタクト特有の危険性が広く認知され
ているからなのは、もう周知のことだと思います。

角膜はそれ自体が水分を取り込むととても「むくみ」やすく、濁ってしまう性質があるの
ですが、この

水分を汲み出すポンプの役割

を担っているのが角膜内皮細胞です。さらに、

内側からの水分(房水)の透過を妨げてくれる

一種のバリアの様な機能も備えています。

角膜混濁の症状が進んでしまうと、失明となります。
間違っても角膜内皮層だけは傷つけたくない場所です。

旧式の視力矯正手術であったRK手術は、角膜に放射状の切り込みを人の手で直接
入れて角膜表面の形状の変化させ、光の屈折率の修正を計ろうとするものでしたが、
角膜内皮細胞の重要性を考えてると、いかに危険なものであったかが分かると思います。

一般に角膜内皮細胞数を補うには、全層の角膜移植しか方法がありませんでした。
近年ではまだ研究段階ではありますが「内皮細胞シート」と呼ばれるものが登場し、
ヒトへの臨床実験に向けての期待が集まっています。