レーシックで視力回復>角膜の構造

角膜の構造

私たちの眼の表面にあり、レーシック手術で扱う場所である角膜。
そもそも角膜とはどういった構造から成るのでしょうか?
角膜を構成する5層の細胞についての情報を掲載しています。

レーシック手術では、角膜の中のある層を削ります。識者からも長期的な安全性が
疑問視されるのは、どういった理由から来るものなのでしょう。まずは角膜の構造に
ついて学んでみます。


角膜とは
角膜の構成を、機能や役割なども含めて紹介しています。角膜を構成する層の
一つ一つについて詳細に知る事ができます。

角膜上皮細胞とは
角膜の一番外側を構成する、角膜上皮層についての情報をまとめたページです。
レーシックなどの視力矯正手術に興味のある方は参考にして下さい。

ボーマン膜とは
角膜上皮層の下に位置する、ボーマン膜についての情報をまとめたページです。
ボーマン膜を手術で扱うことへの是非に関する考察なども掲載しています。

角膜実質層とは
ボーマン膜の下に位置する、角膜実質層についての情報をまとめたページです。
レーシック手術で特に関連性のある部位ですので、レーシック手術に興味のある方は
是非ご覧になって下さい。

デスメ膜とは
角膜実質層の下に位置する、デスメ膜についての情報をまとめたページです。
レーシック手術に興味のある方は是非ご覧になって下さい。

角膜内皮細胞とは
角膜の内側に位置する、角膜内皮細胞についての情報をまとめたページです。
視力矯正手術全般に深く関わってくる部位ですので、特にレーシック手術に興味のある
方はご覧になって下さい。