レーシックで視力回復レーシック比較>信頼出来る医師の探し方

信頼出来る医師の探し方

信頼出来る医師のレーシック手術を安心して受けるためのノウハウを紹介する
ページです。医師にどんなことを聞いておくべきかを知ることが出来ます。

病院に目星が付いたら、その病院を実際に訪問することに努めましょう。
こちらの相談や質問への回答は、積極的に医師の口から直接聞くよう努めます。
レーシックはあなたの眼を扱う大変な手術ですので、進んで質問することは悪いこと
でも恥ずかしいことでもありません。むしろ当然の権利です。

話の場で、分からないことがあれば迷うことなくどんどん質問すると良いでしょう。


少なくとも以下の事項は、医師から直接聞いておきましょう。

・手術の実績(年間症例数など)

・常勤医師や非常勤医師にレーシックの手術経験があるか

・常勤医師や非常勤医師の経歴

・術前検査は、国家資格を持つ視能訓練士を中心に行なわれるか


いずれも病院側にとっては答え辛く、場合によっては不快にさせるものなのでは?と
思われがちですが、そういった考えは一切捨てましょう。
この際、手術を何度も促されたり、上記の項目に漠然とした答え方をされたり、
情報の開示を断られるようなことがあれば、その医師はあなたの視力回復よりも
あなたの財布の中身に興味があると考えて良いでしょう。

年間症例数などの実績を聞くことは、視力矯正手術でのその病院の規模を計るものだと
考えてください。病院によっては院長が担当した症例数なども聞くことが出来るかもしれま
せん。

常勤医師や非常勤医師にレーシックの手術経験の有無を聞いておくことはかなり大切
です。自分の担当である医師に手術経験が無かったために手術が失敗したなどという
ケースも存在します。ほとんどの病院のホームページでは、常勤医師の経歴が掲載され
ています。最低限、自分の手術の担当医師を知らないなどという最悪なケースだけは
避けたいものです。

術前検査では、個々人の眼に合った手術が出来るように眼の形状などを測定しますが、
ここで国家資格を持つ視能訓練士と呼ばれる人が中心になって測定が行なわれるかを
聞いておきましょう。測定にも、然るべき知識を持つ専門家が必要とされるのです。