レーシックで視力回復レーシック比較>レーシック手術

レーシック手術

レーシック手術の流れを掲載しています。レーシック手術の当日の流れを知ることが出来ます。リラックスして手術を受けるアドバイスも紹介しています。

いよいよレーシック手術を受けることになるのですが、レーシック手術そのものはかなり
早く終わる手術ですので、緊張せずリラックスして行くと良いでしょう。
手術当日より前の流れを知りたい方は、レーシック術前のページをご覧下さい。


手術当日は、手術の1時間程前に病院に来るように指定されます。
手術時間は角膜を削るエキシマレーザーの性能に左右されますが、一般的には20分ほど
です。その後15〜30分ほど休憩して、眼の状態に問題が無ければ手術は終了です。
その場で帰ることが出来ます。具体的な手術工程は以下のようなものです。

@フラップ作成

まず器具でまぶたを全開に開けられます。眼球に器具が少々当たるのですが、
点眼麻酔してあるので痛みは全く無いのですが、数秒間目が見えなくなります。
突然のことで驚くかもしれません。しばらくするとまた目が見えるようになりますが、
その後がフラップ作成なので少し精神的に追い詰められる感じになるでしょう。
術前や術中に医師から説明を受けるとは思いますが、動揺することで自分の中の不安を
煽ってしまうのは良いこととは言えませんから、事前にこういう予期せぬことは知っておき
たいものですね。

Aレーザー照射

フラップが作成されたら次はエキシマレーザーを照射されます。病院によっては
フラップ作成からレーザー照射の工程で、手術室や医師を変更します。仕事面の効率化
などを計ったものですから、気にする必要はありません。照射中はレーザーの出力や
照射の残り時間などを口で教えてくれます。
レーザー照射中はちゃんと焦げる匂いがします。もちろん麻酔が効いていますので
痛みはありません。レーザー照射後、消毒のために大量の水をかけられます。
これはドライアイを防ぐ為でもあります。


レーシック術後のページへ続きます。
このページでは術後のアフターケアなどの流れを掲載していきます。