レーシックで視力回復レーシック比較>レーシック術後

レーシック術後

レーシック手術後は、患者はどんなことをするのか、どんなことをすべきかを紹介しています。レーシック手術の後半の流れを知ることが出来ます。

手術当日の流れを知りたい方は、レーシック手術のページをご覧下さい。


レーザー照射後は視界が白くぼやけた感じになります。15〜30分ほど待ち、視力の回復を
待ちます。翌日くらいには目標の視力に回復します。回復の期間には個人差があり、時間
がかかる人もいます。
手術もようやく終わり、どっと疲れが押し寄せますが、手術後すぐに睡眠をとることは控え
るよう言われます。これは、眼をこれ以上乾燥させないためです。長時間まぶたを開いて
いたために術後の眼球は大変乾燥しています。術後に軽度のドライアイを発症する方が
いるのはこのためです。時間を置くことでドライアイの症状は消えます。

手術後は眼を再検査し、問題がないかを調べます。
病院によっては今後の再検査の日時を指定されるでしょう。
病院を出る際には点眼薬などを病院から渡されます。帰り道、点眼麻酔の効果がきれると
少し痛みを感じます。この時は決して目をこすったりはせずに、病院の指示などに従って
点眼薬をさしましょう。レーシックの場合、従来のレーシックであれば術後2〜3時間、
イントラレーシックであれば術後1〜2時間という驚異的な速さで視力が回復します。
視界の劇的な変化を感じるのが、帰り道になるのです。

レーシック術後のアフターケアのページ