レーシックで視力回復レーシックの基礎>レーシック 失敗

レーシック 失敗

レーシック手術の失敗例についてまとめたページです。
まだ機器の精度が今ほど高くなく、医師も不足していた昔のレーシックでの失敗例と、
その解説を掲載しています。

レーシック手術で視力が落ちたり、失明しないか不安になる方もおれらると思います。
事実、過去のレーシック手術においては様々な失敗例がありました。
眼の構造について十分に分かっていなかったこと、機器の精度が不十分だったこと、
医師が経験不足であったこと
などです。


レーシック手術において致命的な手術の失敗例として、
重度のハロ・グレア、不正乱視・近視の戻り・重度のドライ・アイなどがあります。

重度のハロ・グレア

一生続くハロ・グレアなどです。削った角膜の直径が、開いた状態の瞳孔よりも小さい
場合に生じます。夜間・霧など、コントラストの低下した状況において視力の低下が
起こってしまいます。

不正乱視

フラップが乾き過ぎていたり、ねじれていたりすると、フラップのシワによって起こります。
角膜の表面が凸凹することになります。焦点がどこにも合わなくなるので、目の疲労に
なります。

近視の戻り

視力が非常に悪い状態(強度近視)であれば、レーシックでは角膜実質層を多く削らな
ければなりません。一般に、角膜は多く削れば削るほど、元の形に戻ろうとする力が
働きます。
これを近視の戻りといいます。

重度のドライアイ

術後の角膜の知覚の低下から、まばたきの回数の減少によって起こります。
レーシック手術ではフラップが完全にくっつくまでの約3ヶ月間、軽度のドライアイが
起こることがあります。重度のドライアイでは、眼の水分を保つための涙が作られ
ないことになり、目のかすみや視力の低下に結びつくことになります。

セントラル・アイランド

エキシマレーザーで角膜実質層を焼き削る際、水分の蒸発などで蒸気が発生することが
あります。この蒸気がレーザー光を遮ってムラが出来てしまい、角膜の中央部を十分に
削ることが出来ず、視界の中央だけ視力回復が見込めない状態がセントラル・アイランド
です。その見え方は、なってしまった本人にしか分からない、気持ちの悪いものだと言い
ます。


近年ではイントラレーシックと呼ばれるレーシックも登場し、通常のレーシック機器精度の
向上もあって、しっかりした病院と医師選びを実践すれば、レーシック手術での致命的な
失敗は考えられません。
レーシック手術で失明するということは、余程病院選びを間違えなければまず心配ない
でしょう。「レーシック手術において失明した症例は一件も無い」という謳い文句をよく見か
けますが、そんなことは患者側の私たちにとって分かるはずもないので真に受けないで
ください。そんなことを知っても患者には気休めでしかありません。
気休めとして患者の心を落ち着けてあげることで、安心して手術を受けさせることも
大事なことではありますが。

しかしレーシックがいかに確立された技術であるかを、あなたが知ることの方が重要なの
です。そこから医師との信頼関係を、自分が納得できる形で築くことが出来るのですから。

本来眼を手術するということは、医師だけでなく患者にも大変覚悟と責任が問われる
ものです。患者自身が適切な病院選びと、担当医師とのしっかりしたインフォームド
コンセントを取るといった努力が大切です。