レーシックで視力回復レーシックの基礎>レーシックの種類

レーシックの種類

レーシック手術の種類を紹介しているページです。レーシックにはどのような種類の
手術があるのか、種類によってどう違うのかなどの情報を掲載しています。


レーシック手術にも様々な種類があります。この中でもイントラレーシックは最新式の
レーシックであり、従来のレーシックの数々の欠点を補うばかりか、大幅な手術精度の
向上を実現しています。下表のイントラレーシックについては、手術名をクリックする
ことで更に詳しい解説ページをご覧になれます。

  手術 フラップの
構造
備考
フラップ機器 レーザー
レーシック
(ノーマル)
マイクロ
ケラトーム
エキシマ
レーザー
角膜上皮層

角膜実質層
まで
レーシック(ケラトーム)のことです。前のページで学んできたレーシックがこれにあたります。
イントラ
レーシック
イントラレース
FSレーザー
最新式のレーシックです。イントラレースFSレーザーは、マイクロケラトームよりも高精度です。

適正検査技術とセットにした
「ウェーブフロントレーシック」
「イントラウェーブフロントレーシック」
などの呼び方もあります。どちらも波面解析と呼ばれる技術で眼の形状を測定しますが、
前者は手術としてレーシック(ノーマル)、後者はイントラレーシックを行います。
眼の形状を、事前検査にて精密に測定することが出来ます。
イントラウェーブフロントレーシックは、現在最も優れたレーシックの形式と言えます。

レーシックやイントラレーシックには、頭文字に CR と付いているものもあります。
「Cleen Room(清潔な部屋)」の略称で、CR-レーシックなどがそうです。
清潔な部屋でレーシックを受けられるというものです。
昔はこのCRレーシックはレーシックの種類の一つとして、通常のレーシックとは別料金
でした。しかし最近は、CRは標準なものとして、どの種類のレーシックにも採用されつつ
あります。

よくよく考えると、眼の手術で手術室が清潔か不清潔かを患者に選ばせるのは、少し妙な
話だったのではないでしょうか。患者からすれば、手術室が綺麗で清潔なのはごく当たり
前のことなのですから。