レーシックで視力回復レーシック体験談>レーシック体験者談

レーシック体験者談

レーシックを体験された方々の声を寄せたページです。レーシックをやって良かった
ことや、レーシック手術を受ける際のアドバイスなどを掲載しています。

レーシックを体験された方の声を寄せています。
レーシック病院のホームページでの体験者の声などと合わせて是非参考にしてください。


〜福岡県 M・Sさん(男性、40代後半、ソフトウェア・ネットワーク業)〜
レーシックを知ったのは新聞の折込み記事でした。普段インターネットに触れる仕事に
就いていたものの、レーシックの存在は全く知りませんでした。自分なりにレーシックに
関する勉強を進めていく内に、かなり確立された技術だということを知りました。
勉強のつもりで眼科の医師にレーシックについて様々なことを聞きに行きました。
自分の仕事は常時目に負担をかける仕事であるため、レーシック手術を受けたところで
長期的な視力の回復は望めない可能性があると言われました。

ある日、会社で部下がレーシック手術を受けていることを知り、早速どのようなものかと
聞くと 「視力はかなり良くなったが、その分目に対する負担を考慮するようになりました」
と話したことがとても印象的でした。それまでパソコンの画面に顔を近づけて作業をして
いた彼は、画面から顔を離して姿勢良く椅子に座るようになっていました。
彼には悪い言い方をしてしまうのですが、とても上品になったような気がしました。

あんなにみすぼらしかった部下が、ごく短期間の手術で内面まで変わってしまったような
感じでしたね。結局その部下の変わりように触発されてしまい、私もレーシックを受けてし
まいました。それまではメガネをかけていたのですが、レーシックを受けて見る世界が一変
しました。視界が広いことがこんなに素晴らしいことだとは、仕事がらとても思えませんでし
た。例によって、自分も目の健康にかなり気を配るようになりましたが・・・。
家内には 「人相がよくなった」 と茶化されることもありますので、得たものは大きかったの
ではないでしょうか。自分はそう感じます。


〜東京都 K・Tさん(女性、30代後半、サービス業)〜
私は旅館・ホテル業に携わる仕事をしています。電子メールで寄せられたお客様の声に
応対する仕事を担当することがあり、その際何気なくインターネットで色々なサイトを見て
回ることがあり、そこでレーシックの存在を知りました。
視力に不満があるわけではなかったのですが、レーシックのことについて調べてみる内に
とても手術を受けた方がうらやましく思えてしょうがありませんでした。

しかし調べていけばいくほど、レーシック手術に対する不信感が生まれ始めました。
よく 「失明いた人は一人もいない」 という言葉を耳にしてはいたのですが、どこまで信じて
よいものか分かりませんでした。むしろ失明することよりも、手術自体の安全性や、術後の
後遺症の方が心配になりました。

結局、調べ始めて2ヶ月程経って、レーシック手術を受けてみようと決心しました。
それはひどく衝動的なもので、向こう見ずだと周りからも言われましたが、私は自分の
手術を成功させる自信がありました。
患者である自分が手術を成功させるだなんておかしな話なのですが、私の担当の医師が
おっしゃるには、この気持ちが何よりも重要なのだそうですよ。
私の場合、手術を受けようと思ったとき、いろんな友人に相談しました。口コミサイトも参考
程度に利用しましたね。私は都内在住なので大きな病院も近く、簡単に3つほど回ることが
できました。資料請求も欠かさずやっていましたね・・・。
技術が高水準に確立されたレーシック手術で失敗しないためには、入念な病院選び、
医師選びさえ怠らなければ良いだけだと思います。